いびきのせいで家族と一緒に寝れなくなる

隣で寝ている人の大きないびき

家族と一緒に暮らしていれば当然ですが、家族の寝ている姿を見かけることがあります。

自分の旦那さんや奥さんと一緒に寝ているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし「この人は一体どうしてこんなに大きな音を立てても平気なのかしら」と思うくらい、大きないびきをかきながら寝ていることがあります。

夜も眠れなくなってしまいますから少しばかりどころはない大きな迷惑です。

いびきをかいていることは眠っている本人にはわかりません。
わかっていたら今頃毎日自分の音で目が覚めてしまい、睡眠不足に陥っていることでしょう。

家族ができることとはとても簡単で「あなたはいつも大きな音を立てて眠っている」ということを伝えてあげるのです。

伝えたところで治るのかといわれたらそうともいえませんが、一体なぜそのような状態になってしまっているのかということを考えさせる機会にはなります。

少なくともいつもいつもいびきをかいている状態が健康的かといわれたらそうとはいえません。
やはり大きな音を立てずに、すやすやと眠っている状態が最高に健康的といえるでしょう。

大きな音をなぜ立てなければならないのか、その原因を究明した上で夜眠っているときの対策を講じていけばよいのです。

「毎日毎日道路工事の現場のような音を立てて眠られると、私だって健康に何か影響を及ぼされるかも知れない」と思っているよりも、まずは相手の健康のことを考えてなぜそんなに大きな音を立てなければならないのかということを考えてあげましょう。

あなたの一言が相手の命を救うかも知れない

たかだかいびきと思って放置しておくと、恐ろしい病気になることがあります。

睡眠時無呼吸症候群と呼ばれる病気は、大きな音を立てて寝ていたと思ったら突然ぴたりとその音が止まり呼吸が停止してしまうのです。

停止するというのはいかんせん大変な事態が起きているということは皆さんも想像がつくかと思います。

そのまま永眠されても困りますから、寝ている最中の状況の改善に努めましょう。